出前講座

2019年12月13日(金)久米島高校2019.09.26

\離島で出前 第2弾!久米島/
 
本日は、プロペラ機に揺られて晴天の久米島に来ました!
ベトナムに派遣された末永晴之さんの出前講座を1年生を対象に実施しました。
 
晴之さんは、ベトナムの民族衣裳に身を包んで発表をスタート。超バイク社会を感じられる動画や、ベトナムの食文化などを紹介し、日本との違いをさまざまな面から伝えていました。
 
その後、視察先で見たことを医療、感染症、ゴミ問題などのテーマに分けてひとつひとつ丁寧に説明をしていましたが、その内容の深さはさすが医療保健分野に興味のある晴之さんならでは、という発表でした。
 
2校時目は「世界がもし100人の村だったら」のワークショップを実施。
大陸ごとの人口密度の違いや、文字が読めない疑似体験などをとおして、自分たちの“当たり前”は世界では当たり前じゃないことを感じる体験になったようでした。
 
講座を受けた生徒さんたちのアンケートには「同級生の晴之くんが頑張っている姿に感動し、自分も挑戦してみたい」といった感想がいくつもありました。
久米島の皆さん、来年ぜひチャレンジしてみてくださいね!心からお待ちしています。
 
来週は、いよいよ離島第3弾、宮古島です。3つの高校を廻りますよ。
宮古の皆さん、よろしくお願いします。