出前講座

2020年11月9日(月)陽明高等学校2020.11.13

本日の出前講座は陽明高校。

陽明高校出身で2017年と2018年に本事業に参加したOICユースOG(現在、大学生)のお2人が後輩たちに熱い思いを語りました!

1コマ目ではまずJOCAスタッフより「国際協力はなぜ必要か?」「沖縄初の国際協力事例紹介」を行い、その後、OICユースOGにインタビュー形式でのトークセッションを行いました。

 

\物事には関連性がある/

派遣される前までは看護師を志望していた末吉未空さん(2018年度ラオス派遣)。

ラオスで様々な視察先に行き学ぶ中で、自分が興味のある医療問題はインフラや教育など他のことにも深く関わりがある事に気付き、帰国後進路変更したそうです。また、ホームステイ先での異文化体験などをイキイキと紹介してくれました。

 

\退屈な時間ってなんだ

2017年にカンボジアに派遣された島尻真希音さんは、現地で訪れた学校でみた生徒たちの様子に衝撃を受けたそうです。「日本、沖縄で学校に通う私たちと比べて、何事にも一生懸命に取り組んでいた。彼らは何事にも全力で、学ぶこと全てが嬉しく退屈な時間などないんだ、とハッとさせられた。」と当時深く考えさせられた出来事を語りました。

 

SDGsワークショップ/

2コマ目には、SDGsワークを行いました。 陽明高校では教室内や廊下にSDGsについての掲示物があるなど、日頃からSDGsに触れている生徒たちはワークの中のフォトランゲージでも様々な意見が飛び交い、真剣な様子で取り組んでいました。沖縄が発信する国際協力の魅力を知って、今後の授業にも楽しく取り組んでもらえるきっかけになると嬉しいです。