出前講座

2021年11月5日(金)昭和薬科2021.10.11

\昭和薬科高校@オンライン出前講座/

 

115日に昭和薬科大学附属高校での出前講座を行いました。

この日は朝からJICA沖縄の開発教育の授業で、1年生の5クラスで協力隊体験談やワークショップが行われ、お昼前の最後にOICユース事業の出前講座をオンラインで開催。

 

ワークや協力隊の方のお話しをきいた後に、「沖縄の高校生が参加できるプログラム」としてOICユース事業の紹介をしました。その上で、2017年にカンボジアに派遣された宮城七珠さん(現・沖縄大学)が当時、高校生で参加したときに感じたことやその後の活動についてお話ししてくれました。

カンボジアでの同世代との交流がきっかけとなり、大学生になってからカンボジア・沖縄友好の会に参加してひとりのカンボジアの学生の里親(学費サポート)を続けていたそうですが、ある日、この子が学校をやめると連絡があったとのこと。聞いてみると、コロナ禍で学校がオンラインになったが、家の状況ではオンラインでの学習が難しいというのが理由だったそうです。「同じ同世代でこのような違いがあることに、改めてショックを受けた」とのこと。こういった現状があるなかで、私たちひとりひとりが小さなことからでもできることを始めることが大切では、というメッセージを具体的な例と一緒にお話ししてくれました。

 

昭和薬科高校1年生の皆さん、この授業をきっかけに興味をもっていただけたら、何か小さなことからでも始めてみてもらえると嬉しいです!ありがとうございました!