2018年11月14日(水)宮古総合実業高等学校

≪出前講座宮古総合実業高校

 

「絵を描くことを通して国際協力」

 

1114日に宮古総合実業高校にて出前講座を実施しました。

 

青年海外協力隊を経験した

上嶋さん(サモアOB)

 

サークルジャンプでアイスブレークから始まり、場が温まったところで青年海外協力隊サモアOGの上嶋円香さんの体験談を聞いてもらいました。

 

絵を描くという自分の好きな事を通じて国際協力を行なった事から、実業高校の生徒の皆さんもきっと世界でできる事があると伝えました。

 

その後国際理解ワークショップとして、世界が100人の村だったらを実施し、地球で起きている人口密度や言語の多様さなどを体感させました。

2018年11月12日