2018年12月17日(月)八重山商工

12月17日 八重山商工にて出前講座が開催されました!

 

元気よく世界各国の挨拶からスタートを切りました。

まず、大山さんから国際協力の必要性とその現場を実際に見れるOICユース事業の説明を行いました。

「世界と自分の繋がりは?」という質問に対して

「服を作っている」「食べ物」「インターネット」など

身近に世界と繋がっていることを確認できました。

 

その後、プレイバックシアターの河野さんをファシリテーターとして、

実際にOICユース事業に参加した上地海春さんと、池間さくらさんとトークショーを行いました。

応募したきっかけもそれぞれで、

「高校の先生が青年海外協力隊に行っていたので、海外に行ってみたかった。」

「小学校の時に読んだ本で国際協力にずっと興味を持っていた。」

 

現地で印象に残っているのは、

「言葉の壁はあったけど、ジェスチャーでコミュニケーションを取って、分かり合うことが出来た。現地の人の優しさを凄く感じた。」

「インフラが整っていなかったり、貧富の差を感じた。」

「ホームステイ中に辛い食事を出されて困った。家の中に鶏が入ってきて衝撃を受けた。」

 

「自分が世界で出来ることがあると感じたし、これからも見つけていきたい」

「途上国のことは無関係ではないという事を知って、学び続けたい」

 

など日本の恵まれた環境から離れて生活をすることで、

様々な成長があったことを話して頂きました。

 

続いて「世界が100人の村だったら」という国際理解ワークショップを実施し、

世界の現状を役割カードを使って体感しました。

 



2018年11月12日