レポート

参加者レポート < モンゴル >

2017年8月8日 【海外研修9日目】

投稿者: 神里 晏朱
【視察先・訪問先在モンゴル日本大使館

午前中に、在モンゴル日本大使館を訪問しました。公使参事官である菊池さんは、モンゴルが社会主義から民主主義へ変わる時代の変動を直に感じたそうです。外交官だからこそ、味わうことのできる醍醐味を私もぜひ味わってみたいと思いました。そして、今回モンゴルの派遣されている13名の高校生が将来的に国際社会で活躍するような人材になることを期待しているともおっしゃっていました。
また、総務省から配属されている若手外交官の横山さんによると、草の根プロジェクトという学校や病院を無償で建て替える無償資金協力が今モンゴルで盛んであり、政府からも感謝される程だそうです。

 

午後に行われたフェアウェルパーティーでは、これまでの研修でお世話になったJICA職員を始めとして新モンゴル高校の教諭や淡水資源施設の方にもご参加いただきました。聞き逃した質問をしたり進学の相談や実生活の話題で盛り上がり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

夕食前に鑑賞したモンゴルの伝統芸能は、馬頭琴やホーミーなど鳥肌が立つ様な素晴らしい演奏でした。中でも印象的であったのがモンゴルの伝統楽器とチェロや鉄琴を組み合わせたオーケストラです。さらにモンゴルのことが好きになりました。

2017年8月7日 【海外研修8日目】

投稿者: 比嘉 一翔
【視察先・訪問先車椅子国家協会の活動事務所

午前中は「ウランバートル市における障害者の社会参加促進プロジェクト」で、専門家として活動する照屋さんを伺いに行きました。
照屋さんは、全盲ながらもPowerPointを使いこなし、障害とは何か?何処に障害があるのか?と言うことを、考えさせながら教えてくれました。また、自身が専門家として携わるプロジェクトの方針や改善に向け取り組んでいる障害者の社会参加を阻む4つのバリアについて説明してくださいました。4つのバリアには、物理的、情報的、意識的、法律・制度的バリアがあると言う事で、個人的に4つのバリアは互いに一つの線で繋がっていると感じました。

午後の部では、照屋さんと一緒に車椅子国家協会の活動事務所を訪問しました。協会は、2005年に設立され、車椅子利用者をはじめ障害者の社会参加を促す活動を行い、主にハンドクラフトや国外のスポーツ大会への参加などを行なっているとの事でした。また、過去の活動では、300㎞離れた県から首都ウランバートルまでを車椅子だけを使い移動したりと、健常者の方々からの大きな反響があったそうです。
このような活動をしている中で、協力団体・機関も増え、活動の幅も会員数も広がりを見せていることを説明してくださいました。
また、説明だけでは無く実際にハンドクラフトによる籠作り体験などを行いました。
障害について理解が叫ばれるモンゴルにおいて、小さいながらも着実に進んでいる事を感じた訪問でした。

2017年8月5日 【海外研修6日目】

投稿者: 徳比嘉 大地
【視察先・訪問先】ゲルでのホームステイ

午前中はバスで移動し午後にホームステイ先に到着しました。現地の人たちに挨拶をして昼食をとりました。
昼食後は、現地の人と親睦を深めるために日本から持ってきたけん玉やシャボン玉、日本のお菓子などを配りました。子どもたちは初めての見るおもちゃに興味津々で喜んでいたので嬉しかったです。子どもたちとはすぐ心が打ち解けサッカーや鬼ごっこ、モンゴル相撲をしました。
6時頃には馬の乳絞りの見学をさせてもらいました。現地の子どもたちは馬の世話など何一つ文句を言わず手伝いをしていて感心しました。また、トイレは草原に穴をほり木で囲っただけで水も出なく普段の私たちの生活の幸せさや贅沢さを実感しました。
7時頃頂いた夕食のメニューは肉や乳製品、パンが主食でした。
モンゴルの夏は夜が長く9時頃に日が沈むので食事の後も子どもたちとは鬼ごっこなどをして遊びました。
この日は疲れていて10時には就寝してホームステイ一日目が終了しました。

2017年8月4日 【海外派遣5日目】

投稿者: 仲原 大樹
【視察先・訪問先】JICAのモンゴル事務所、NPO法人ニンジン

今日の午前中はJICAのモンゴル事務所を訪問しました。そこでは、モンゴルの教育事情を知り、学ぶことができました。モンゴルでは健常者も障害者も同じ教育を受ける制度、インフルシブ制度というのをやっていて、とてもいいなと思いました。この制度が日本や他の外国にも広まって行くともっとより良い社会になるなと思いました。
午後はNPO法人のニンジンを訪問しました。
ここでは障害を持った子供が勉強を学んでいました。でも、そこにはたくさんの問題点もありました。学校に来るのが徒歩だったり、バスできたり、タクシーで来たりと、とても毎日来るのに苦労をしているなと思いました。トイレの方もハエとかが飛んでいて衛生面にとても問題があると感じました。最後の方には子供達と共にカチャーシーをして楽しめてたくさんの子供達の笑顔が見れてとても良い1日でした。
明日からはホームステイが始まるのでまた頑張っていきたいです。

2017年8月3日 【海外派遣4日目】

投稿者: 島袋 結歌
【視察先・訪問先】マンズツル寺院

今日は予定変更で、ウランバートルから1時間かけて、マンズツル寺院へ観光に行きました。ウランバートルの中心部にあるホテルから離れるにつれて、家や大きな建物が減り、少し行けば道の脇に家畜の牛や馬が見えてきて、日本ではありえない光景に驚きました。さらに南に進むと、草原や山々がすごく壮大で、そこに牛や馬だけでなく羊やヤギが沢山いて、感動させられることばかりでした!寺院に着くと、標高が高い分寒かったですが、絶景の中でお昼ご飯を食べて、絶景をバックに写真を撮って、とにかく景色がすごくて沖縄にいては感じられないものを感じさせられました!とてもいい経験と思い出になりました!
その後は、買い物もして、とても充実した1日でした。
7 1件~7件表示 次へ>>