受講者の声

2019年12月3日(火)八重山高校2020.01.06

石垣が抱えている問題について自分自身に何ができるかを再確認できた。
また、日本が裕福だから関係ないと思わず、日本は沢山の物を輸入で何でも取り入れているのでなおさら日本が協力しなくてはと思った。
 
日本は高所得で私たちは守られている。でもそれは国際協力があったからこその今がある。とても大切なことを知ることができてとてもよかった。今の私たちにできる恩返しを見つけていきたいと思った。
 
今まで思っていたことと違っていて見方や考え方などが変わった。
 
発展途上国と先進国は全然住みやすさ等違うので誰もが快適に暮らせるようにするべきである。
日本からでもできる募金活動等行いたいと思った。
また、他の国の生き方などを知り、視野が広がると思った。
 
発展途上国と自分たちが暮らしている生活の違いでとても驚かされることが多かった。
今まで日本や他の国も発展途上国の支援をやっているから貧困差が減ってきたりとてもよくなると知った。
 
女性の教育を受けられる人の割合が60%で以外と多いなと思った。でも高学年や中学生から働いていたりとしている人もいると聞いて日本は恵まれてるなと思った。
 
一覧に戻る